トン子ちゃんです。

人生変えたい三十路独身太め喪女の日々の記録。西日本。

長年見て見ぬ振りしてきた汚部屋を片付けたらメッチャ気分が爽快になった

f:id:tonkochanblog:20180925012824j:plain

 

自己肯定感を高めたいと思い、色々とやっているトン子です。
先日、本を読んでいて、片付けと自己肯定感の関連性について気になりました。

私が読んだのはこの本です。

 

「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法

「自己肯定感」が低いあなたが、すぐ変わる方法

 

 

心理カウンセラーの方が書かれている本なのですが、ご自身もとても自己肯定感の低さを抱えておられ、実体験的に書かれている部分が多く、とても理解しやすかったです。

 

この本の中で、自己肯定感の低さは部屋の片付けにも影響をおよぼしているということが書かれている箇所がありハッとしました。

 

『「あんな汚い部屋に住んでいるなんて知られてしまったら嫌われてしまう」と思い込んでしまって、部屋が自分の価値を下げる汚点になってしまいます』という部分を読んで、私それそれ!と思ったのです。

 

また、過去の恨みつらみを消せなかった人が昔から大切にしていたものを大量に捨てたところ怒りと憎しみから解放されたエピソードにも、ほうほう!と思いました。

 

この本ではないですが、「自分が居心地の良い空間を自分で作ってあげる」と言うのも「自分を大切にする」上でとても大事なことだと最近知りました。


ですが、私のお部屋は汚い。早急に綺麗にしたくなってきます。
そんなわけで、この度の二週連続の3連休に特に用事が入らなかったので、部屋を片付けまくってみることにしました!


私の行った清掃

断捨離しまくる

とにかくゴミを集めまくりました。
ずっと開いていなかった引き出しもガンガンオープンし、ドサドサと捨てました。CDも、どうしてもこれは、と言うもの以外は全て捨てました。
あんなに手をつけられなかったCDや本もガンガン整理。これだけは!というのだけ取っておいて、結構な量捨てました。
量で言うと、この二週間でゴミ袋30袋は出したと思います。とにかく、しまいっぱなしのモノや使っていないものは、どんどん捨ててしまいました!


ほこりを拭きまくる

私の部屋は、いろんなところが埃だらけでした。ウエットシートを買ってきてカーテンレールや窓をふくと、めちゃくちゃ真っ黒でした。一箇所拭くと、他の場所もどんどん気になってくるので、いっぱい拭きました。


カーテンを総入れ替え

私の部屋は三面窓がありますが、カーテンがかなり痛んでいたので全部買い換えることにしました。ニトリで気にいるものを購入してきて、総入替しました!

 

 

 透けないレースカーテン🎶

プライバシーミラーレース 【冬温夏涼】 サラクールとウェーブロン使用で夜も目隠し 遮熱効果 (31.7%断熱効果 約90% UVカット 遮像 昼夜目隠し 日本製 カーテン レース ミラー レースカーテン 遮熱 保冷) トウオンカリョウ 色:ホワイト サイズ:(幅)100×(丈)213cm×2枚組


照明も買い替え

部屋の照明も子供の頃から使用していて、気に入っていないし、かなり古くてボロボロ、埃もたんまりだったのでこれを機に買い替えました。

 


襖を張り替え

二週目はバリバリにやぶれ、紙がメッチャ黄ばんでいた襖を張り替えました。アイロンで貼れるもので。ベースが破れまくっていたので、割とボコボコになってしまいましたが、元の状態よりはかなり良い状態になり満足!

 

菊池襖紙工場 アイロンで貼るふすま紙 (無地/むじ) 2枚入り AT-508

 


清掃後の心の変化

まず、窓を拭いてカーテンを変えたからか、部屋の印象がかなり明るくなって、まるで違う部屋にいるような気分に!

翌日目覚めたときは、朝日が眩しくてとても嬉しかったです。こんなに爽やかな目覚めはいつぶりだろうと思いました。

正直、こんなに気分が上がるとは思いませんでしたし、一日中すごく嬉しい気分に。自分を大切にするってこういうことなのか〜と少しわかったような気がします。

 

 


今後の目標

まだまだ、片付けるところが多いので、今から更に1/3程度モノを減らしたい。今回着手できなかった、押入れの断捨離もしたいです。
あとは、今ある家具はほとんど親が買ってきたものだったり壊れていたりするので、少しずつ処分し自分の気にいるものに買い替えたいと思っています。

 

 


自己肯定感を高める観点から見た掃除の効果

今回、ずっと見て見ぬ振りをしていた清掃に真面目に取り組むことで、驚くほど気分が明るくなることを体験し、自己肯定感を高めることと自分の生活環境を整えることは繋がっていると実感しました。

自分の部屋が、大切な人を招くことができる状態か今一度考えてみて、お気に入りの部屋を作り、自分のことをもっともっと大切にしていきたいと思いました。

 

部屋が散らかっている、気に入っていないもので溢れているという人は、是非実践してみてください!