トン子ちゃんです。

人生変えたい三十路独身喪女の日々の記録。西日本。

地方都市に住むアラサーぽっちゃり喪女がPairsで戦ってみた

出会いの形として定着しつつあるマッチングアプリ

ここ数年、新しい出会いの形として定着しつつあるのがマッチングアプリだと思います。

私の知人にも、マッチングアプリで出会って成婚した人がチラホラいらっしゃいます。

友人に勧められて私も初めてみました。

 

安全なのかな?

私がチャレンジしたのは、facebookアプリのPairsです。

facebookと連動しているので、facebook上で繋がっている同士は、プロフィールが表示されない仕組みになっていて、知り合いに見つかるリスクが低いです。

 

また、やりとりするには運転免許証などの写真をPairsに提出し、承認が必要です。

マッチングアプリの中では、かなり安全性の高いアプリではないかと思います(他のアプリ知らないですけど)。

 

でも、facebookの登録や免許の提出を求めてはいても、それさえしてくれる人であれば、Pairs側は登録する人を選べるわけではないので、相手が安全な人かどうかは、やりとりの中や実際に会ってみて自分で判断するしかないと思います。あとは、Facebookの交際ステータスが設定されていなければ良い話なので、普通に既婚者も混じってると思います。

 

私の住んでいる地方都市で登録している男性の人数

私が住んでいる県は、人口300万程度の県です。そんなわが県では、現在3万7千人の男性が登録してました。

 

プロフィールに書く体型

プロフィールに、体型の項目がありますが、「ややぽっちゃり」の次が「太め」になっています。

太めにするべきか、ややぽっちゃりにするべきか悩むところでしたが、会った時「お前はデブだろう」と思われそうなので、「太め」を選択しました。

 

1ヶ月でいいねが来た数は200人越え

誰でも、綺麗に写ったとびきりの一枚を使いたいですよね。

写りの良い奇跡の一枚みたいな写真をプロフィールに登録したら「いいね」がめちゃ来ました。

 

佐々木希に似てますね」とメッセージをくれた人もいました。絶対に絶対に似てません。一ミリも似てません。

印象操作って怖いですね。相手からしたら「素敵なホテル〜と思ってじゃ○んで予約したのに、行ったらズタボロだった」時みたいなことになりそうです。申し訳ないです。

 

意外に体型の欄見ていない問題

写真を重視するのか、プロフィールに書いていることを読んでなさそうな人も多かったです。

なんか、えらい写真を褒めて来て、「私、太ってますけど大丈夫ですか」みたいなこというと、「え?どれくらい?」って言われて「芸能人の●●さんくらいだと思う」っていうと返事がこなくなったこと多数。

太めって書いてるやろ!!読んで〜!!

 

プロフィール写真問題

結局4名の方に実際にお会いしましたが、プロフィール写真をよくしていたためか、会った瞬間の表情は「あれ?」感が否めない方も。

プロフィール写真は、写りが良すぎないもの。加工は最小限にした方が良さそうですね。スノーやプリクラは特にやめたほうがよさそうです。

 

やりとりしたヤベーやつ

LINEを交換するまでは、普通だったのに、交換した瞬間豹変し、敬語だったのが馴れ馴れしいタメ口に変わり、写メをいっぺんに30枚くらい送ってきた人がいました。

 

何が目的だったのか、だいぶ謎でしたし怖かったです。。

LINEの通知音が鳴りすぎて「ポポポポポロン、ポポポロン」と聞いた事ない音がしてました。

 

即PairsでもLINEでもブロックしました。

あと、返事を返さないと、ひたすら1日1回ずっとスタンプを送ってくる男の人もいました…。謎です。

 

結局会った人は四人

一人目 自営業低身長イケメンさん

自営業の低身長イケメンさん。

多分プロフィールで可愛い子だと妄想膨らんだようで、郊外の紅葉が綺麗な公園にドライブに連れていかれました。はっきり言って、会うまで初対面の人の車に乗るのが怖かった!!!!よく乗ったなと思います。

事前に「僕が出すから、お昼ご飯をここで食べよう」と言われていたところが少しお高めのお店だったのですが、会ってみて「このデブにこの値段奢るのはちょっと」と思われたのか、やっぱりここにしよう〜と800円程度でランチが食べられるお店にサラッと変更されました。

お金出そうとしましたが、奢ってくれました。

帰り道にはご機嫌斜め感が半端なく、相当口数も少なくなっていて、1時間半程度かかる場所だったので帰りの車が苦痛でした。

もちろん、その日のお礼LINE以降、やりとりはなくなりました。

 

二人目 エリート会社員

某車メーカーの開発部にいるという年上男性と会いました。

大人なので話も面白く、食事も奢ってくださいました。自分の勤先のメーカーの車ではなく、miniクーパーに乗ってるそうでした。

 

会うまでは、割と丁寧な連絡がきていたのですが、会った後は、こちらから連絡すると返事はあるものの文面が雑になり、「家きません?」と突然家に誘ってくる感じの連絡をしてくるようになったので、怖くなって連絡しなくなってしまいました。

 

三人目 年下の国立大学院生

この方も、可愛い子が来ると期待したようで、まだ会っていない段階でミュージカルに誘われました。9000円くらいするやつ。会ってみて気に入られない場合まじで申し訳ないやつです。

絶対がっかりするから、割り勘で食事だけにしようと何度も言いましたが、「絶対そんなことない」というので、行くことにしました。

ミュージカルのチケットは彼もち、食事は私もちで決着。

 

やはり可愛い人を想像していたようで、会った時、「あれ?」という顔になってました。笑

ミュージカルを見て食事した帰り「家まで送ります」と言われたので、「遠いですよ」とは言ったのですが、大丈夫というのでお言葉に甘えたのですが、私の家が結構遠かったので、途中から、「後どのくらいですか?」と聞かれまくり、どんどんイライラした空気を放出し出し、家についた瞬間、すごいスピード出して帰って行きました。

やはり、この人もお礼LINE以降やりとりなしです。

 

四人目 同じ年のエリート会社員

忙しすぎる会社員男性でした。音楽の趣味が合う人で、食事とライブに行きました。

会っている間は、とても丁寧で優しい方で、食事も奢ってくださいました。

会話は見た感じ楽しそうにしてましたが、恋愛としては。って感じだったみたいで、会った後からやりとりの文面がどんどん雑になり、最終的に「誘われても迷惑です」ってオーラを出されまくったので、そのまま終了しました。私はいいなって思ったんですけどね。

 

 

教訓、写真は盛らない。初面接はお茶や食事くらいにする。

マッチングアプリを利用するときは、盛った写真や写りが良いもの、加工などは避けること。写り悪いくらいの写真の方がいいのかもしれません。

 

初対面で気合いを入れられすぎると、うまくいかなかった時お互いに残念な思い出になってしまうので、相手がどんだけ言ってきてもお茶や食事にとどめておいたほうが良いと思いました。

 

結局、四人会っただけで戦いは放棄しました

頑張るかたは、何十人も面接するみたいですが、私はかなり面倒くさがりなので、よく知らない方とのメッセージのやりとりも、かなりストレスでした。笑

会うときも、一回一回すごく疲れてしまいました。

私は見た目が悪いので、婚活パーティーなどの方が、態度の豹変で傷ついたりすることもなく、わかりやすくて性に合っていると思いました。

 

でも向いてる人には向いてるし出会いの可能性は広がると思うので、やる価値はあると思う

 

私には向いていなかったですが、女性は無料ですし、無料で住んでいる町の数万人の男性と出会う可能性を与えてくれるPairsなので、やる価値はあると思います!!

年収や職業にこだわる方は、いろいろ条件で検索することができるし、いいのではないでしょうか。

なかなか出会いがないとお嘆きの方は是非トライしてみて下さい。