トン子ちゃんです。

人生変えたい三十路独身喪女の日々の記録。西日本。

京都造形芸術大学の通信教育部で四年学んで退学した話

f:id:tonkochanblog:20181006002805j:plain


私は数年前、京都造形芸術大学の通信教育部(てのひら大学じゃないやつ)に4年間在籍したのち退学しました。

入学を検討している方の参考になればと、在学中に感じたことについて書こうと思いました。

9割やめるらしい?

日本の通信制大学に入学した人の9割は辞めてしまうそうです。

入学した時はやる気満々ですので、私もまさか辞める側になるとは思っていませんでしたよ!!

 

入学の動機

私の家は母子家庭な上貧乏でした。なので、大学に進学するとなると奨学金を借りなければなりませんでした。

 

私は、四年分の学費や交通費、一人暮らしする際の生活費など、学生になるための諸々の費用を電卓で叩き、出てきた数字をみて「中古マンション買えるやん!!!!」と思いました。

医療系などならまだしも、学びたいのはデザイン系。奨学金借りても返せる自信なし!!!!

 

私は悩んだ挙句、家を出たかったのもあり進学を諦めて働くことに決めたのでした。

 

ですが、二十代も折り返した頃になっても、学びたかった気持ちを抱えたままでした。「あの時思い切って進学していれば、違う人生だったかも。」なんて思ったりすることもありました。そんな時に知ったのが京都造形芸術大学の通信教育部の存在でした。

 

学費は、年間30万円程度なので、払えない額ではありません。

こんなに何年も引きずるなら、学校に行ってしまえばいいじゃないか!と思いたち、説明会に参加にしたりしたのち、翌年の春から京都造形芸術大学に入学したのでした。

 

 

スクーリング授業について

1,2年次のスクーリングは、これまで専門教育を受けていない人でもわかりやすいように配慮されているので、スクーリングの授業はどれもとてもわかりやすかったです。

また、自分のお金で来ている社会人が多いので、授業態度も皆さんとても真面目です。

生徒が真面目なので、先生もそれに応えようと真剣に教えてくださる方ばかりでした。

総合教育科目のスクーリングなどは、他のコースの学生さんとも交流でき、とても楽しかったです。

 

自宅学習について

他大学を卒業している人だと、2年次入学や3年次入学という制度があり、最短2年で卒業できます。

ですが、私は高卒なので卒業するには124単位が必要でした。自宅学習を真面目にやって、課題提出やレポートを提出しなければいけません。

 

レポートや課題作品は、大学側の求めているレベルに達していなければ、容赦無く再提出となって返却されます。私も何度か再提出になりましたが、二度目でOKなことが多かったです。一つの課題を5回再提出している人の話も聞いたことがあります。

 

総合教育科目の単位は、「自分でもできそうなものからやっていく」のが単位を稼ぐポイントだったと思います。

レポートは、書き慣れていないと難しいと思うので、初めて取り組む人は必ず「学術基礎」に取り組んでから、他の科目に取り組むことをお勧めしますー。(*今もその科目あればですが)

 

 

盲点だったこと

思った以上にお金がかかる

私は情報デザインコースだったので、入学時にMacBook Proと、Adobeのクリエイターなんちゃら(セットになったやつ)を購入し、20万円くらい使いました。

 

あと、どのコースも年間学費は30万円程度ですが、スクーリングの受講は別途お金がかかります。(必修授業で16000円とか。必修以外の実習系は割高。ガラスだの版画だのの大掛かり系は2,3万かかる授業もある。)

私は中国地方から通っていたので、スクーリングに向かう交通費、宿泊費などがかかります。高速バスを利用し、ゲストハウスなどに宿泊して切り詰めても一回の参加でスクーリング代と合わせて35000円くらい飛びます。

 

年間学費とは別で、京都で通う方は年間プラス10万円、地方から通う方は年間プラス30万円くらいは見積もっていたほうが良いと思います。

※受講するコースによっては画材などもすこぶる高いので、そのあたりも考えていたほうがよさそうです。

 

まじで時間がない

四年で卒業しようとするとマジで時間がありません。私はフルタイムで働きながら学んだので、終業後に図書館や公民館のような所の自習室で閉館まで勉強したりしていました。

元々小説を読んだりするのが好きだったのですが、好きな本読むのに罪悪感を感じてしまうほど課題で読まなければならない本が多い。とにかくレポート、レポート、レポート。ひと月に2万字くらいレポートを書いた時もありました。正直絵を描くより文章書いてる時間の方が長かったと思います。(履修する科目にもよるので、人によると思いますが)

 

しっかり自己管理できないと、絶対4年で卒業できない

かなり上手に計画を立てないと、絶対4年では卒業できません。特に必修の科目、卒業制作に入るのに必要な単位数はよくチェックしないと、3年次以降のスクーリングが受けられなかったり、卒業制作に入れなかったりします。

何を優先すべきか、いつまでにどの単位をとっておくのか、しっかり入学時に組み立てないといけません。

私が在籍していた時は、1年次の終わりに「テキスト課題、一つもできてない〜」と言っている若い子に複数遭遇しました。周りがやっていないので安心感を得ている子もいましたが、

 

ママは大変。スクーリングがあっても託児できない日もある。

私は在学中に子供をもうけることはありませんでしたが、すでに子供がいて入学する人、在学中に子供を授かる人もいると思います。

案内には託児がある旨書いてありますが、スクーリングがある日が全て託児が受けれるわけではないそうです。子供を預けるのに苦労した方もおられたとのこと。

子供がいる方や在学中に妊娠の可能性のある方は、入学する前に大学側によく確認した方が良いかと思います。

 

留学を考えている人。海外で大学と認められない場合があるので注意。

私は卒業時に独身だったら留学もしてみたいと思っていました。

興味があったのはドイツ留学ですが、ドイツの大学に入学するには、日本の短大卒以上の学歴、もしくは大学に2年以上通っていないといけないとの事でした。

 

入学後に気づいたのですが、日本の通信制大学を卒業していても、ドイツでは大学の学位として認められないとのこと。(*もしかしたら間違いだったり制度が変わっているかもしれないので、ご自身で調べてみてください。)

卒業後に留学などをお考えの方はよく注意した方が良いと思います。

 

 

辞めたきっかけ

私は、結局85単位履修して退学しました。

生活との両立が結構大変なのと、絵が描きたくて入学したのに、全然自分の絵を描くような時間を持てないため、悩んでいたからです。

 

退学する前に一年休学し、考えることにしました。

 

休学中は初めての個展をしたり、デザインフェスタもどきに出店したり、LINEスタンプをリリースしたりして、今までできなかった自分の作品作りと周りに見せる活動に力を入れました。

得られた反応が思ったよりも良かったのと、残りの履修を終えるのにあと100万円近くかかるなあ〜と思ったら、100万円分、休学中にしたような活動に使いたいと思いはじめました。

復学すれば自分の好きな絵を描くような時間も一切取れなくなってしまいます。(まじで課題大変)

 

時間、お金、色々天秤にかけ、考えた末に2月に退学届けを提出したのでした。

辞めはしましたが、学生生活にはあまり悔いなく、満足して終わりました!

できれば卒業したかったですけどね。

 

入学して良かったかどうか

良かったです

スクーリングでは全国から様々な年齢の人が参加します。友達も割とできました。

大学に行かなければ出会わなかった人もたくさんいます。

 

基礎的なことを学べましたし、好きなことについて学ぶ時間はとても有意義でした。

 

必要で仕方なくとった科目なども、知らない世界を知ることができたり、とても楽しく学びました!

スクーリングで学校に行くときは、美大で学ぶ空気がとても刺激的でよかったです。学内にはギャラリーもあるので、行く度に楽しみでもありました。

 

また、梅田にある藝術学舎という施設でも授業が受けられるのですが、梅田で授業を受けた後にアートイベントに行ってみたり、都会の刺激もよかったです!!(田舎暮らしなので)

 

京都は京都造形以外にも美大がいくつもあって、アートがらみのイベントや施設、ギャラリーなど、独特の空気がある土地なので、学ぶにはとても良い土地だと思います。

観光するところはいくらでもあるので、私はスクーリングに合わせて余分に有休を取って一日観光して帰ったりしていました。

 

結果的に退学しましたが、私がものづくりする上で、大学に入ったことで得られたものはかなり大きいので、行ってみて本当に良かったです。

 

長年の「大学行きたかったコンプレックス」的なものも、解消されました!!!!

 

最後に入学を検討している人に向けて言いたいこと

私は行ってよかったと思っていますが、絵を描いたりものを作ったりすること自体は資格がいることではないので、大卒にこだわらずとにかく描きまくる、作りまくる、というのも一つの手段だと思います。どちらにしても描かないと、うまくならないし、自分らしさも出てきません。

 

通信では、絵を描いたり、物を作ること以外にもレポートをたくさん書いたりしなければなりません。制作においても、課題に沿った中での制作になりますし、学校の中で自分の好きに絵を描くような場面はほとんどないと思います。

 

ですが、初心者が体系的にアートについて学びたい場合、大学はすごく良いと思います。

私の在学時はテキスト科目はたくさん本を読んだり大変でしたが、今はオンライン動画の科目も充実しているみたいですね。

 

卒業するには、向き不向きのある学び方だと思うので、学びたい!と思う方は、説明会に参加したりして、続けられるかどうか、よく検討してから入学されることをお勧めします。

 

いずれにしても、通信はいろんなスタイルで通っている方がいるので、お金と時間に余裕があるのなら、自分のペースで学ばれると良いと思います。

 

在籍できるのは9年となっていますが、再入学の制度を使って再び入学金などを納めるとまた9年間在籍できます。笑

 

入学される方は、どうぞ学生生活を楽しんでくださいね!!